若干Bi-Fのハートコア

「じゃっかん」言い過ぎて親しい人にも若干移しちゃった。

SOGIEと横須賀とわたしと、イタリア…

SOGIEと横須賀と「わたし」と、イタリア…

実感3年ぶりくらいにブログを書くけど、一体どこから話していけばいいのやら。instagram2年放置。

 

f:id:yataroiwasaki88:20190818021049j:plain

Bolognaの精神保健局

2018年の進展 

5月 Bologna Italy:イタリア地域精神保健福祉視察研修、バザーリア法40周年記念シンポジウムに参加 現地で精神科ユーザーとボランティアが運営するArte e Salute onlusによる”Psico Radio”(ラジオ局チーム)を体験 テーマ「Hikikomori」に当事者枠、学生という設定で出演。SPDC(総合病院の精神科救急病棟)の見学でナースに質問で2006年の傷を修復する。

〜2000年代のHikikomoriの時とBolognaの後日談として〜

私一人以上にさらなるHikikomoriについての語らいの中で身を置いても、より”Hikikomori”という状況の概念の説明を当てはめる頭とは別の、当人の感じ方の痕跡の発見、当人が持続できるこの世との切り結び方にもう少しアクセスする他者共感能力が欲しい。それらをもっと自由に話せて読めたなら、「気づく」「動く」とか、現象に対して言葉を持ち上げる力を鍛える道筋に更にできると思う。

出演回:Psico puntata_563

https://www.mixcloud.com/psicoradio/psicopuntata_563_hikikomori/ 

10代のころ大好きだった、Janis joplin "Mersedez Benz"を収録では全く言ってないのに選んでくれていて、私の生い立ちの描写がなされたと感じている。

その後の当番組で2回、「引きこもり」についての特集が持ち上がっている。引きこもりの状態からTSO (緊急時における強制的な治療、介入、必ずしも入院を求めない)を受けたが病院に入れ「られた」ケースの引きこもりご本人の体験の結びでは、私の発言が引用された。自分も他人も信じて(信仰して)いない、という状態についてどのように安全を保ってもいない上、勿論、外に出て行く目的を選びとれたから、としか言えなくてもどかしいけども。

google翻訳を調整して引用『私が引きこもりになった理由を説明できません。私の主治医は、私が大いに怒っており、それを表現する方法を知らなかったからだと言ったが、私が引きこもりになった正確な理由は、私が知りません。私はいまだそれを探しています。(その時)自分も、他人も信じていなかった。日本人学生のYuri Iwasakiはこの条件を理解し、受け入れた時に部屋を離れた。』

本文引用“Non so spiegare perché sono diventata hikikomori. Il mio medico diceva che avevo una grande rabbia dentro e non sapevo come esprimerla, però il motivo preciso per cui sono diventata hikikomori non lo so, lo sto ancora cercando. Non avevo fiducia in me stessa e neppure negli altri”
”Yuri Iwasaki, studentessa giapponese, ai microfoni di Psicoradio ricorda di essere uscita dalla sua camera quando ha capito ed accettato questa condizione. ”

PsicoPuntata 584 TSO:緊急時における強制的な治療

http://www.psicoradio.it/index.php?option=com_content&view=article&id=761:rappando-il-mio-tso&catid=43:programmi&Itemid=86

PsicoPuntata 602 イタリア引きこもり協会会長へのインタビュー、精神保健局の会議など

http://www.psicoradio.it/index.php?option=com_content&view=article&id=782:solitudini-a-confronto&catid=43:programmi&Itemid=86 

 

11月 成田 :「第25回 多文化間精神医学会学術総会」シンポジウム1登壇

イタリア ボローニャで熟思した精神保健医療福祉〜日本における援用を展望する〜

『サイコラジオに見られた「交流」と「責任」を伴う活動の必要性について』

legge Basaglia ;180号法の精神を、性的多様性の理解促進や対話に持ち込むことが可能と考えた。

 

11月 沖縄: 体験をシェアする集まり。沖福連の皆さまにお世話になり見学、沖縄の美味しいもの堪能。

2019年の上半期 :横須賀市 SDGs 5番、LGBTs,SOGIEの標準化促進のための市民活動に18年度の経験の援用を試みる。

本当に沢山の人にお世話になる他ない状況の中を進んでいて、課題が見いだせている。

いつでもながら、日本社会の暗黙知や日本人コミュニケーションでのカルチャーショックも続いてもいる。


f:id:yataroiwasaki88:20190818022017j:image

 

5月:「やっぱアイダホ!多様な性にYESの日in 横須賀」街頭キャンペーン開催 (後援 横須賀市横須賀市教育委員会)

  • チラシ1000部
  • ステッカー120部程度
  • 横須賀市の性的マイノリティ施策、相談情報などのフライヤーセットを120セット配布

https://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/2420/20190426idaho0519.html

6月:「性的マイノリティ関係課長会議」意見者で参加のみ、サービス利用者な立場

7月:Rainbow ReelTokyo2019 映画祭 青山spiral会場 に横須賀市「性的マイノリティって知っている?」パンフレット、横須賀市性的マイノリティ相談事業、交流会「Cafe SHIPポートよこすか」などのチラシ複数種類を自己手配し、設置。RRTボランティア。

7月:「横須賀パパママ夏祭り」ステージ上アウトリーチ、13歳以下にも性的多様性のあり方と前向きさが伝わるように用語を使わず説明、横須賀市の性的マイノリティ施策を紹介。

 

8月:個人として、結果が出たら書ける作業を終えた。 

今年3月の岡山GID学会は、聞いただけ…

 

20180128 TOEIC 227回 思い出しメモ

本番 20180128 TOEIC 227回

 

病み上がり。出勤停止のお陰で休息と勉強。雪は日曜に初めて見た。

マイルール:迷う問題は諦めて全部Bをマーク

part1 易 6問目落とした感
part2 言われた事はフンワリ分かるけど選べない イギリス聞き取り難
part3 引き続き聞き取り難 2よりは取っ掛かりがある
part4 
・研修?工場のライン従業員?への仕事の説明 job discriptionたぶん製造系
・女性in留守電:出張でいない間に借りてる部屋?が立ち退き期限?なので部屋を抑えてくれ的な変なお願い
・大きな木がある為に作業が遅れている鉄道の建設工事?女性が建設業者側の責任者で解決案を出すの?発注者の男性は気が変わった?
インターンの説明を女性がしているが有償にするように上に交渉中?プロジェクト完遂で?
・表が付いた会話 美術館のフロアガイド


part3.4先読みの効果は感じられない やるにしてもそのパートに集中する。


part5 時制 副詞にすべきか形容詞なのか 基本的な文法書を半年2周写経したし、ほとんど勉強は読解に割いたのに、解くと全然持ち駒が無いのはなぜ…


part6 難 だけどなるべく時間を使わないようにした
part7 難 時間を大目に取った

(思い出し
・仕事に(を)間に合わせるための車を同僚同士で手配するためのチャット(非常に迷、ライン型チャットには食品パッケージ印刷会社のスタッフ2人が登場する。明日が期限の印刷のために、もう1人のスタッフから車を借りて1人が向かうD、なのか、もう1人のスタッフ(彼)に1人のスタッフがインクを届けるAなのか。もう1人のスタッフの性別が名前からは男かどうか不明だったので、女性が車を向かわせるだけ、Dを選択)
・こだわってそうな紅茶屋さんの説明文 スリランカとどこか(インドネシア?)の茶葉をクイーンズランドブレンドして缶詰め、茶葉の香りは良くて、化学調味料は一切はいってない、ネットで購入できますよ
・列車の乗車券を購入後の案内(車両は発車の一時間前に到着する?、席を確保し?帰りの券も買わなければならない?)
・社内報
・社内報というか告示、40人の職場リーダーに賞を与える?推薦は匿名で提出しなさい?
・3人のチャット:結果ワークショップを開くための意見を聞いて聞き取りした。それを3人のうちの1人が会議に揚げる?
・地区の水道工事の為の断水の知らせメールと予定表(通りは4つ。区画4つ、それぞれ水道が止まる日が違う。)
・テナントビル、入居者がインターネット接続を自分で手配する手順の貼り紙
・建設業者の人が作業の遅れを顧客に謝罪しているメール
・ナントカ大学が作った"Equitystudio"?station?みたいな名前のコワークスペースの説明(平日〜時から〜時 忘れた 土日はアーティストなどがイベントや展示を開く)入居するスタートアップ希望者向けの説明 (年間契約をする。別途リモデル?リノベーション料金がかかる。)それに関する 使いたい個人向 スタッフ?からの問い合わせへの答え?のメール1通 リノベーションを勧めている内容
・社内で従業員が使えるwebサービスの案内・メールやり取り1組(2つ)パスワードを変更して使い始めるんだけどパスワードの変更の有効日数が90日?
・銀行のオープニングパーティー、従業員も参加を勧められている。会場はショッピングモールの中のビストロで、行くとベトナム人女性のパティシエオーナーが手作り焼き菓子をサービス、特にマカロン(フランス菓子)を勧めている?
・空港、飛行機で預けた手荷物破損のクレーム(壊れた荷物は自転車?画像添付ありらしい)・謝罪メールやり取り→結果:会社側が荷物の破損を認め次の予約無料クーポンをプレゼント的な話

R 9分くらい余る

反省点:

・英語に集中する

・出題を読み聞きして、こんなサービスを使いたくない・こんな通販を買いたくない・こんなシェアメイトは面倒、とか感じないように頑張る。仕事のやり取りでlineで同僚と仕事の問題を埋め合わせる働き方なんて嫌だとか、問い合わせ対応chatはヤダとかは思わないように。淡々と。

・朝勉の内容。時間数稼ぐために5h睡眠は仕方ない。うるさい環境、クソなイスと不味いコーヒーを変えられないし、instagramの勉強アカウントの人々のような、謎の気合いは集中に向けたいし、朝勉で200kcal以上、飲食物を摂ると睡魔に勝てなくなるので、かなり悩みのタネ。

・リスニング対策の為にiPhoneは使わないようにすべきだった。

Facebookはwritingの足しにはならないw

・試験監督が許してくれたけど写真つきの身分証明書(運転免許証は持ってないので代替の身分証を気をつける)

・試験直後に上記の英語フレーズを思い出し書き留めるべきだった。

・今年は期間は空けないで受けよう

 

 

美術大学における性的マイノリティ当事者在学生への学生支援要望活動を通って考えていること

美術大学における性的マイノリティ当事者在学生への学生支援要望活動を通って考えていること

突然なんだけども、私が中退した美大在学中に作った研究は、「美大生のLGBTQ当事者に対する支援をどうするか」という話を指導教授なしで作成して、署名を使って学生課の支援体制づくりを無理やりさせる活動を行い結果として自分は卒業できないという損失を出した。この辺の後悔は無い。1人の中退より三人くらいの内定増えれば良いと考えてたから。活動2年目には相談されがちになり、活動3年目には学生課の人々とかなり知り合いになったけども私が救われる効果は無かった。自分一人の中退と引き換えに進路を選択できる複数名とか、就活を諦めない人々いうのは増えたのだろうか?増えたならマシなんだけど。

偉そうな経験なんか小さいし私もしがない人間で、見栄も損得勘定も有るし、耐えられない時間も有る。

このへんの過去の出来事に対する回復を自分にあるかし強いてきて、そこそこトチ狂った朝起き生活習慣を身につけたりしたので、ある程度はリズムもコンディションも忍耐性も維持しているけれどもなお美術系に戻ろうかどうかを考えて耐え難い苦痛を感じていて、同じ分野入ってもトラウマを繰り返すだけなんだけど戻ろうと思うことがあって、うまく良くならない事について耐える気がなくなってきて、気が持たないけど休日には受診できないとか。もはや寝て耐えるしかない。

(※スライドは現在では正確でない表現が含まれうる可能性ある点 勘弁を)

www.slideshare.net

 

結局、多角度からこの問題を考えざるを得ず、公衆衛生の統計まで引くと、私立美大は芸大受験の失敗の受け皿的に更に機能する必要性がある事が分かった。美大は荒れもそれなりに有り、成績上位は上は上で幾らでも留学・受賞・作家デビュー、メディア出演、特技で開業など天井知らずに人生を行き大学の広報に載ったりして。だけど、軽く前科持ち位に荒れた学生に関わる学生支援のような臨床教育的な方向と学部全体が求める芸術的な鍛錬の方向とを噛み合わせる議論がされておらず又は意図して分掌して避けているために、機能不全という印象を受けた。学校リスク研究所さん辺りが、この辺を掘り下げると効果的かもしれない。

私自身は臨床心理、社会学社会福祉、教育と他分野の日本の大学、学部生・大学院生を見つつここ二年、どこかの学部の入試を受けることなどを検討していたのだけども、日本語話者の大学のあの人間関係と制限時間で平気そうな自信も、元が取れそうな就職先のめども、何か結果が纏まるような将来も全く見えないし、さして外国語もできない事が大変だ…ヤバすぎる「良い1日を」さえも向こうに日本語で言わせてる…現在の状況と過去の記憶は切り分けて居るのにグッチャグチャになって過去がVR的な感じで侵食してきてしまう。

学位を持っていてもいなくても

狭い範囲ではあるが、オンタイムではアートと並行した食い扶持としてのフリーターをしている美大卒や作家志望の同僚たち10名ほどの「フリーターとしての時間」で彼らと接して居て、生き生きとした様子が見える時間がほぼ見出せないという困難がある。仕事を教えていての理解の違いから来た困難も有り、時間をかけるか、伝わる言い方風のシンプル過ぎにしないで丁寧に説明して伝わった場合にはその人は仕事を続けられているが、底つきを見るか飽きたか、より良い選択が有ったかでやめてしまった人も居る。自分にも有るが彼らからの話の共通点は「一つどころの問題や一定の決まった人々、ルーティンワークに長く取り組むことが辛く、苦手で、疲れやすい」という点である。これはアノニマスという感じで時間を作って話し放しにすると、発見や思い留まりは可能になるのだろうか?(危ないからやりたくないけど)

仮にも元同業者と働いているはずなのに、適応しないといけない社会の枠組み(色々な規定や業務のタスク、守るべきマニュアル、ある程度の善意や忠誠心、人事評価対策の気遣いやら)の影響だけで、この人々が死んだアサリのようにマインドを閉じている(それを一概に批判も否定もできない、支持的に見ていくしかないが)行きづまり感というのはなんなのか?という謎ばかりが深まる。彼らは彼らなりにみんな別のチャンネルや仕事の時間とは全然違う性格を別の場所で解放しているんだろうか?全くよく分からない20代中盤に狼狽する時がある。

最近はアート界はセクハラ問題の可視化は出て来たものの、問題はどうして芸術分野の高等教育機関や学会が歯止めをかけるとかコンプライアンスに努める働きをしないのかだ。単に学校が食い扶持稼ぎ用の仮場所にされているし、女性アーティストで性を武器にしてる気になってる系が未だに幅を利かせてるからだと思うんだけど、まぁ、権威の密室でやりたい放題の温床だから…仕方ないのかね。

www.afpbb.com