読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

若干Bi-Fのハートコア

「じゃっかん」言い過ぎて親しい人にも若干移しちゃった。

Excel講座を受けていて終了まであと2回…

Lavoro 土日 日本社会

Excel講座を受けていて終了まであと2回…

Excel講座でもらった復習用の教材から表とグラフを作ってみるにも、何もかもが細かい…エクセルちゃん。別に宿題ではないけど、次回に完成させた練習用のファイルを持っておきたいと思っている…。なのに、変なタイミングで教材のフォルダをgoogledriveに突っ込んでしまい、ファイルの開き方も場所も不明。ディスクがあるんだから、もう最初から作り直す以外に、選択肢も見当たらない。

講座でのバージョンは2013、自分のPCは2011for macで、少しづつ勝手が違うところの方法を探しながら。時間があっという間になくなってる…息詰まりそうである。

https://www.instagram.com/p/BKxQIDlhQUk/

Excellent #sunny #weekend #Excel 漬けの3日通過、浮かれや出来ない便利過ぎてとても復習がいる感じ #japanese #lovemicrosoft 今度はアートギャラリー目当てに行きたい(╹◡╹)#yokohama #azamino

履歴書にエクセルの〜の操作まで〜分くらいでできますよと具体的に書けて話せるようにはなりたい私たち

ほどほどに触る機会しかなかったエクセル。

自分がなんとなく人の見よう見まねでしてた操作の一切合切を見直すため、呼吸法、面接対策、エクセル基本的な操作からデータ解析まで一気に講座受講を組んでみている。自分、エクセル使う仕事で何の業種やりたいの?感満点なので、その辺り検討必要な感がある。これは向いてる向いてないでは無い、はずだと一応思うことにしている。

気が乗らなかった呼吸法と発話法のトレーニングが新鮮で、

  • 「女性は子宮を持っている都合で基本的には胸式呼吸をしていて、男性は標準的に意識しなくても腹式呼吸で過ごしている、ビジネスシーンでは腹式呼吸することで発話をよくし、なるべく喉を使わずに声を通すと良いでしょう。」

家を出て過ごす活動には、別に仕事じゃなくても多分こういう肉体的な適応が否応なく求められるので、気にしてる。

フリーライターさんが最近書いたように、息してるだけで6万の女性の台に最初から乗らないなら、ルックスを作るだけの美容に月に6万も使えない。同じ6万なら、個人的には化粧と服飾には回せない。(最低限のスキンケアと着るものはなんとでもできる)疲労を増やすハイヒールもスカートもなるだけはかない。自分の価値づくりは「丈夫さ」「継続性」にフォーカスして、勤務シーズン内で重きをおく優先事項は医療費と自分の経験作りへの出費。

全てのメンテ費用は多少の負荷がかかった時にも男性や、勤続が長くて持久力がある人たちと等しく不調なしの体調を維持するための費用のはずである。まともな社保加入・年金かけられる、財形できるの事業所さんは都市を離れるとほぼない。何とかそういった会社が求める技能に敵う対策ができる機会それは・断然エクセル習得からなので、往復交通時間は4.5Hくらいでも平気でかけよう。住む自治体は自分の状態の見極めから慎重に判断することが非常に大事だとも痛感する、とか、邪念だ。

別に、ジェンダーの話でもなんでも無くなってしまったが、なんかとても辛い時が今。文系大学では、心理学、社会学商学あたりの一部の学生でない限り、エクセルは使わないと思う…。せいぜいパワポとワードを見よう見まねで触るところで止まってしまう。しかも今はPages,Keynote,numbersなど、わかれば楽チンなツールは揃い踏みだと思う…

  • 「とりあえずエクセルなんとかしたい」
  • 「一回も使ったことがないから使いたい」
  • 「ブランクを埋めたい」
  • スマホとPCの電磁波は人体に影響する(と信じている)から電車に乗るときは竹炭とアルミホイルを仕込んだ帽子で脳を守っているけどエクセルは必要だと思う」 

support.office.com

なんて人まで(帽子の人はいたって本気で)、履歴書にエクセルができると書けるようになりたい私たち同士、様々な話は深まる前に切り上げたりしている。

政令指定都市はホントに実用的な情報獲得、自助活動の数・質も段違いに感じて、こういう時に自分がどう流動的に思っていても単身の女という立ち位置なんだと思う。望めば切りも果ても無いけど、地元への愛着ばかりじゃ課題をクリア出来ない。進学があんなにチャンスだったのに、すっかり落としてしまった。(それはその時に自分がLGBTQの一部の要素を持っていることを強くアイデンティファイしてしまったからなのか時間繰りが不得手だったか何なのかは思い悩んでも仕方のない話だ)けど、支援・寄付・署名等々を叫ぶようにいってる人たちは、それは大事だけど、それを訴えるために発揮してるプレゼンスキルとか、団体の会員登録に使ってるエクセルスキルの方がよほどトウジシャの心や問題解決を助けると気付けるはずではないのか、自分は団体つくるなんてとてもできそうもないが、いつかはそれができるようになりたいなぁ…。とか微塵は思う。と考え込んでしまったので、散歩しよう…

 

nyaaat.hatenablog.com