若干Bi-Fのハートコア

「じゃっかん」言い過ぎて親しい人にも若干移しちゃった。

ところでLGBT講座と「性は常に揺れ動いてます!」とトランスの選択肢って何なんだろう?

ところでLGBT講座と「性は常に揺れ動いてます!」とトランスの選択肢って何なんだろう?

私たちの世界から、説明するときに使う図の一つ

LGBT🏳️‍🌈講座」 みたいな場での「あるある」

もちろんパワポとかkeynoteでL・G・B・Tの太字を縦に並べて順番に出す感じのスライドと、下のスライドみたいなやつの後に時間少ないから落ちとして言われることは「性は常に揺れ動いているものなのです」←むむ・どこがプルプルするの?( ^ω^ )

そして「はい次」と講座が進む感じ。

聞いた時、違う想像( ^ω^ )が呼び出されてw

すんなりウンとは思わなかったので再考。

f:id:yataroiwasaki88:20170123224932j:plain

(引url : http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1509/16/news023_2.html)

あー、「一対一」なんだな〜 

つまり、ポリは多様な中にあるけど「今回の話では一応はモノガミーです」って感じ。

大抵は男女しかない某過労広告会社の画像が使われる。

ここでは男女二元的にならない様に配慮された図。

性感染症予防の観点ではこの図は使えないけどまぁ使わないっしょ。

 

そして ジェンダーブレッドパーソン。

f:id:yataroiwasaki88:20160818163717j:plain

 

こちらは「私たちの性は条件の掛け合わせで構成されていて、その掛け合わせの数は無限で 「虹のグラデーション」や「スペクトル図」のように微妙な違いを持って存在しているんだ」と説明するときに使う、この図。

ジェンダーブレッドパーソンは脳、生物学的、表現的な性、性的指向 で多様性を説明する。えっ、多分参考にされた科学的研究はあるんだろうけど 一体 何を元に「脳」なのかは、調べきれないから略す。

 

 常なる性の揺れ動きは「ありまぁす」を具体的に話すとこんな感じ?

個人の趣向の域を出てるとは思わないし、関係ない話が入ってるけど列挙すればこんなかな
私は女性だけど
  • 月40時間とみなし残業の時間数を自分側の不適合リスクを減らして働く時に忍耐論に頼りたくないから色々して月経を限りなく無に近く軽減させたいという時がある。
  • 夜遅く帰宅するときのド田舎駅で他人家の車が迎えに来てるの見ると色々思う。
  • 諦めつつも男性の身体だとある面では踏ん張れる力も違ったかなと思う。
  • ファッション誌やTVで見る女子っぽい格好、そういう服装の若者やが子供みたいに見えたりする。服は防寒、スーツはパンツがいい
  • ダイエットとか嫌い
  • ネイルに対する価値観 物理的な安全と減菌>ネイルアート
  • ✖️ディズニーランド行かん。(純粋にウォルト・ディズニーの作品ならOK)
  • また、〜〜な時、私側が男性だったら?と考えたり。
  • 動物や宇宙人はいいなぁ〜とか。
  • ハイヒールで私服の高校に通ったし女装で色柄ものを着るのも割と好きだった、ただし民族・民俗系デザインの服は、人類学を学んだ後にそれらのモチーフの意味の重さや様々な問題意識から見えかたが変わってしまい、なんとなく選べなくなってしまった。
  • LGBT当事者同士のSOGIの議論での意見はTの方の意見が割と自分と重なってて同意しやすいし、非モテ系ノンケの緩くて際限が無い話し合いの方がマシに感じたりする…苦笑
  • 「生まれついた性別の身体が着ぐるみの様に違っていて、思春期の変化が辛くて仕方なかった」「異性の友人と逆のジェンダーな遊びをしてた」「親に服装を押し付けられた」という様な、現時点での性同一性障害の診断を受けた方の子どものころの語りによく出てくる感触とは全然違っている。(点では、苦労を全然知らない感じ)
  • 私は髪型をよく変えたけれど今は放置ワンレンで伸ばしている。けれど、美容院でなぜか中途半端に芸能人のイメージを話して「なぜに又吉(芸人)がいいの?」とか軽く返され、結局お任せ髪型で切り返してもらったりする(こだわりがないので女装寄りになっても不快ではない)
  • 私は鼻炎で掃除好きだけど動きが遅くて平日に調理から皿洗いの段取りを手速くこなすのはとても無理だからパートナーになる人が もしいたなら ご飯作る係になって欲しい( ^ω^ )

基本ノロけだから以上この様な感じ。

LGBT当事者における「講演登壇」という慣習は良くも悪くも「存在」しちゃってる。

LGBT異性愛者に「教える」現象を解釈していくと、一口に「講演登壇」と言っても混合玉石な面があるのだろうと仮定することはできる。
宣教の如くに学校という学校・自治体という自治体・会社という会社を回って講演するLGBTご本人の方々やLGBTNPO法人の精神性を理解する事や、話を聞ける機会で学ぶことは一つや二つは有って、そこに自分が行く理由はまぁ有っただろうと思う。私が考えたことなんて、日本で約4年間だけ読み聞きしたりLGBT人権啓発活動や大学の現場を見た実感でしかないから浅学で狭小なのだろうし真実ははわからない。だけど、聞き受けっぱなしでいいとは思ってない。
そういう「教えるLGBT当事者」のパターンとしては
  • 士業や教員、医療福祉など国家資格の有資格者がそれぞれの業務の需要でLGBTを受け入れるための対策を立てることを同業者に向けて広める場合
  • ボランティアで地域の理解のために活動する当事者や当事者の家族
  • そういうサークル、大学等
  • 同年代の生徒児童学生の理解を深めたいor教職員にわかってもらう必要があるんだ、というニーズの元、「支援」を受けているNPO法人のボランティアに属す形で違う自治体の講演に出ていく未成年の当事者の人達
  • ギャラをわかりやすく個人サイトに出して注文を受けて話しに行く「コンサルタント」「アドバイザー」「なんとかカウンセラー」「なんとかセラピスト」。マイナーな民間資格を取得していたり、何にも持ってなかったり人によって様々。
  • 講演活動している登壇者の友人だから呼ばれてるケーススタディ事例役の当事者
まで、語る「当事者」たちは
  • ある一定の善意
  • 目的(差別の撤廃・人権施策の推進・リスク防止など)
  • メイクマネー
  • ボランタリー精神
  • 使命感
を動機にしつつで、活動「出来る」のだからそれはそれで良くも悪くも「存在する」っていう現実だけがある。当事者主権的なムーブメント手法としての「講演」で講師を呼んで話を聞くっていうことのブームが起きたために少なくとも自分が生まれる前や自分が未成年の時分よりはよっぽど多く、芸能人ではない「普通のLGBTの人物像」は一般社会に可視化されて、一定の理解の場を作られた効果もあっただろうし、多くの異性愛者は知らないけどLGBT当事者間だったらほぼ全員が知っているし「その人のイベントなら聞きに行く」というようなロールモデル的な人物が、現在はある程度いることは、喜ばしいことだとも思う。
 
ただ、未成年の頃からの「登壇して話す」という行為でエンパワメントを得て成長し、使命を見出して非営利団体を設立して生涯渡って活動する人もいれば、政治の道に進む人もいる。得た話術をある意味で逆手に使い、倫理的なことはさて置いたビジネスを始め、儲けを得て派手に振る舞いさらに儲けるサイクルを回すという人もいる。
私にはそれは今の所「人生色々だ」という雑な感想でしか言い表せない、自分もどうせ、経験した枠組みからの様々なことを他人に聞かせたいのだし。
 
しかし、そういう講演の講師役に個人的な予約を入れて5000円払ってコーチング受けたらあなたも「講師」になれるとか、書面作りやカミングアウトの手伝いで何万円とか、一回30000円の催眠トラウマ解消セラピー、プライドパレードやフェスタのブースに紛れ込んでいるスピリチュアルほにゃらら、うん十万を事前に振り込むの外国の心理セラピストの来日セミナー、入会金で安月給位が飛ぶ感じの自由結婚の見合いサービスを考えもそこそこに、急かされるがまま急いで買う必要は絶対ないと思うし、そういうことを利用してるけどおかしいなら国民生活センターにテキトーに電話して見るべきでしょ?
かたや、「団体の存続が危機」になるまで必要な活動資金を集められず、自分たちが「儲け主義、活動をおおっぴらにアピールできる立場のLGBTNPOが行う派手な寄付金集めやLGBTコミュニティの節操ない大人たちの犠牲者で、自分たちはLGBTの中のもっとも弱者に寄り添う立場で、無礼な学生の研究依頼は断るし、マスコミが大嫌いなのだ」と言う団体代表の訴えに直面して同情してもうまく関係を作れなくて、違和感を感じて敬遠してしまって、本当に遣る瀬ないけれど何もできなかった経験もあったけど、自分の問題解決志向が働いてしまい何か方法ないのと今でも考えたりするけど、もうやめた。何もできないことが変わらない、その人を変えることはできないという結論なんかとっくに出してしまっている。

 選択的にトランジションも異性装もしてないトランスジェンダー的な私感

私は、大学になるまでは「性同一性障害」という概念を知らず、大学の授業で知って医療と法の文脈のことを聞いてからそちらの学習に没入した上に、陳情活動と学業両立ミスって人生棒に振ってからも、敢えて性自認に対して診断つける相談はしない選択がベストで安定している。(敢えて宙吊りにしている)今の流動的な感じは嫌いじゃない。
  • 「性別違和は病気ではないので早く日本でも疾病から外してくれ」
  • LGBTのT:性同一性障害など と書くの止めようよ」
と思っている立場なので、その視点から美容で派手に稼いでるしトランスで「新しいジェンダー」で売り込んでた芸能人が診断書までSNSに上げてコメントで大量に賛美されちゃってるのを見ると容赦なく感じる。
でも、その芸能人が「病気」でいる方が心地いいことと、それを発信したことで清々するのは勝手だから、それはそれでよかったね。でも、選択的にトランジションしない生き方は存在するし、感じ方のみがトランス的流動な場合も十分あると思う。

選択的にトランジションも講演もしない生き方が有っても良いでしょ?

  • 差別語に当たる語の使用などのきっかけからTwitter炎上して是々非々が自分のタイムラインに来ること
  • ネット通販で購入した海外の薬での薬害
  • 海外、主にタイでトランジションを行うためのアテンド(仲介)業者
  • 脱法的医療
  • マルチ商法

自分が躱せば良いだけの話だけど、LGBTのストレス(今回はTが多め)は感情を乱し、人生をマイナス方向に変えたり生活の邪魔になる情報が大量に入ってくる割合が相当多く、情報を見極めることの負荷がかかりながら育たなければならないことだとあくまでも推測している。

自分には、性別違和は悩みの何割かを占める程度 存在する。
その度合いは体調や季節の状況で変化する、としても、ひとまず三大?欲求は無事で、身体を守ったり人とコミュニケーションをするのは十分に可能であるし、五代欲求がどん底なのは自分の問題なだけで、思うほど自分のこと人は見ないし、他人は他人だから。各々がいいならお好きにどうぞ、という程度に捉えてしまっている。
「教えるLGBT当事者」の言動世界は、
  • 厳しい倫理観
  • 社会人的に模範であること
  • 能力があること、エリート志向
  • 清貧
  • 反資本主義
の弦が何本も張り巡らされてる楽器の部屋の世界で、楽器が勝手に鳴りまくっていたり、髪の毛も触れれば楽器は鳴るし、鳴らせてはいけないルールがある部屋にいる閉じ込めの様な感じで緊張や苛立ちが多い。私はノンケの社会人的にもLGBT当事者としてもフェミニストとしても落伍していて多分「登壇者レベル」ではない上に、落伍者であることを開き直りすらしてしまっている。
その代わりに卑近で小さいことを楽しんだりめんどくさがったり、人と爆笑しといたり、挫折した世界の同期の活躍なんか嫉妬と自分自身の後悔と葛藤の大きさで許容できないことを自分が反芻して面倒なことを先延ばししたり、受け身のままでいる自分の生活は、何もしない限りは何一つ変わらんだろうが、それはそれとして置いて、早く「楽器の部屋」から引き返して、自動思考の反芻をなくそうとした方が、潰れずに済む気がする。
 
参考:「それってやばくね」遠藤まめた 2017