若干Bi-Fのハートコア

「じゃっかん」言い過ぎて親しい人にも若干移しちゃった。

ホルスト・ヤンセン

ホルストヤンセン

ホルストヤンセン(1929~1995年)はドイツ生の画家、版画家、ポスター作家、イラストレーターです。

多作であったヤンセンはデザイン図面、エッチング木版画リトグラフや木彫を作成しています。
ヤンセンハンブルクで生まれ、ドイツ北部オルデンブルクで服飾製造を生業とした彼の母マーサ・ヤンセンや祖父母に、ラーヘン・ストライブで育てられました。彼は一生涯、父親を知ることはなかったそうです。彼は1939年に後見裁判所から、祖父によって認知されたと判定を下されました。
1942年に、彼はハーゼリューネ、エムスラントで国立政治教育大学(napola:ナチス党員を育成する目的であったが、職業選択の自由は保たれた種類の、ナチス政権時の教育制度から作られた学校)の学生となります。当時、その大学の美術教師をしていたハンス・ヴィ―ンハウゼンは彼の芸術的な才能を奨励しました。


ヤンセンの母親マーサは1943年に亡くなります。彼は母の妹アンナ・ヤンセンに引き取られ、アンナの住むハンブルクへ移り住みます。
彼は戦争の残りの時期と戦後時代の記憶のためにバーチャード・シュトライブの叔母アンナと住んでいました。彼らはの日にハーベステヒュードに移動しました。
1946年、16歳の時に、ヤンセンは描くために最も優れた瞳をもって産まれたことを証明し、彼はハンブルク地域美術学校に入学したのち、アルフレッド・マフラウに師事しました。

ヤンセンは「ディー・ツァイト」という週刊誌の創刊号に発表した作品を、1947年から1950年初期に、リトグラフ(石版画)という手法で
アシャッフェンブルグの紙メーカー、グイドデッサウアー色紙工場の技術設備を使用して製作し始めます。

ヤンセンの作品の最初の回顧展は1965年にハノーバーバーゼルや他のドイツの都市で開かれました。
1966年に彼はハンブルグエドウィン・シャープ賞を受賞し、国際展での発表が続きました。
1968年に彼はヴィネツィア・ビエンナーレグラフィックデザイン部門で大賞を受賞します。
1977年に彼の作品はカッセルのドクメンタVIにおいても展示されます。

彼の故郷のドイツ北部オルデンブルグにあるホルストヤンセン美術館には、彼の遺産が捧げられています。
彼の作品は世界の主要な美術館において所蔵され、国際的に展示され続けています。

彼の人生は、頻繁な結婚と離婚の繰り返し、言いすぎなほど率直な物言い、アルコール依存症、および芸術への滅私的な献身によって記録的な沢山の版画作品を遺しました。

1950年代初頭に彼は彼の義父、外交官の肖像画のために紙メーカーグイドデッサウアーのフリードリヒ・フォンケラーから委託を受け、家族のほかの肖像画を創り続けたために、彼は初期の作品を制作できたのです。アシャッフェンバーガー、ブントパピエファブリックの技術的な装置を用いてリトグラフ制作を成功させ、彼の初期のリトグラフは2000年に発表されました。
彼の”Bawnwall"(Tree Mound 1957)に内包される最初の自画像のようなポスターデザインは、ベンシャーンの個展に影響されたことによるものでした。

ホルストヤンセン作風と生涯

ヤンセンの伝記や作品を見返すと、ヤンセン自身が言葉を遺していたにせよ、ヤンセンの複雑な愛着形成、戦争、生育環境がもたらしたと語られがちな、その生涯においてヤンセンと元恋人たちが引き起こした激しく深い性愛の情事が作品にも影響をもたらしたと考えるかどうかは、鑑賞者や研究者それぞれの史実に対する解釈、ポリシー、想像力によって意見が分かれる様に感じられます。
そうした愛憎や煩悩、感情的な葛藤を超えて、いかに彼が描く作業に純粋に没頭したかが如実に伝わってくるからです。

色鉛筆、水彩、パステルで彩色されたカラーのホルストヤンセン作品も、みずみずしさとホルストヤンセンが持つ鋭い知覚の軌跡として時を超えた現在に彼の感性を伝えるものとなっております。

ホルストヤンセンの作品、戦後におけるドイツ・ロマン派直系の画家の作品お買取りのお問い合わせには、ぜひとも をご用命ください。

 

※サジェスト文は必要に応じて調整可能。画像削除、文章を一部改変しています。

 ※参考文献あり

広告を非表示にする