若干Bi-Fのハートコア

「じゃっかん」言い過ぎて親しい人にも若干移しちゃった。

Italia amore mio! でベベ・ヴィオ選手のトーク

先日の日曜日はItalia amore mio! イタリア企業見本市の中での対談イベントを聴いた。

f:id:yataroiwasaki88:20170525053113j:image


パラリンピック車椅子フェンシング金メダリストのべべ・ヴィオ選手とフェンシング銀メダリストの太田雄貴選手、NPO法人ピープルデザイン研究所代表の須藤シンジさん司会の対談。
須藤さんが「イタリアは精神病院と施設を廃止し、知的障害、精神障害を持っている方が地域で働き生活が出来ることを実現した最初の国だ。

子供達はinclusive educationがごくごく当たり前な環境で育つ。教育段階から一緒にいる頻度が多い方が良いと思う、共同生活の経験頻度によって両者の垣根は下がる。日本では障害について込み入った質問をすることについて、素直な子供達はなんの後ろめたさもなく質問するが、大人

は誰しもがそうではない。イタリアでも直にハンデについての質問をすることに抵抗感はあるのか」と質問。イタリアの精神保健福祉について、休日の昼間に六本木で話してくれたのは本当に素晴らしかった。
べべ選手の答え「イタリアではパラリンピックの選手も通常のオリンピックの選手も同じ場所でトレーニングしています。街の中に練習場があり、各練習場に、パラリンピック選手で2人くらい必ず強い選手がいるという状況です。私も5歳のころバレーボールの練習が苦痛で逃げ出したときにフェンシングの練習場に行き着き、練習の様子に魅了されたのです。その時のコーチ、怖かったのですが「やってみるか?」と練習場に入れてくれて、そこからすべてが始まりました。

人間が、生まれてから亡くなるまでのあいだに同じ姿である必要など全くありません。一生の間に体の形や姿が変わること、それは素晴らしいことでもあると考えています。確かにイタリアでも、健常者側が障害者が抱える障害や状況について踏み込んで聞くことに対して後ろめたいような空気は存在しますが、そのまま対話を避けることで怖れや腫れ物に触る態度にしないために、こちら側からわかりやすく説明します。私は子どもが髄膜炎の予防接種を受けることの推進運動に力を入れていますが、子供の予防接種に反対する団体の方から抗議を受けることもしばしばあります。その際には、髄膜炎の説明と予防接種の有効性、接種を受けた後30分は安静にして一日は激しい運動を避けること、予防接種アレルギーには予防接種をした医療機関がすぐ対応できる状況が整っていることを根気強く説明します。」とのこと。
他にべべ選手からイタリアでの子供達のスポーツ環境についての話…ベベ選手はグラフィックデザイナーの仕事もしていること。イタリアで競技生活をしながら専門的な技能を身につけることはごく普通である事。(だって選手しながら医師を目指す例が語られて。もちろん一握りの人の話かも。日本も、高校を過ぎれば働きながら練習・試合とわらじ複数は大体同じだけど、どうにも質が全然違う…?印象)

太田選手から、これからのスポーツ選手は現役引退後のセカンドキャリアを見通した選手生活の設計が必要という話と引退選手の社会適応サポートの必要性について言及。

私の主観だと、これは美術をやめた美術学生や芸術活動を止めた芸術文化職志望者についても該当しうり、こちらの分野でも語られ、共有すべき課題でもある。スポーツだと為末大さんが引退したスポーツ選手のための就活支援をするNPOを立ち上げている例がある。非新卒の元デザイナー志望、元美術家、元美術学生、元学芸員志望者、元芸術文化の周辺職の志望者に対してそれは皆無である。なかなか集団、階層としての可視化されず、芸術文化の周辺に該当する仕事は殆どがアルバイト、日雇い、派遣、契約、有期限・雇い止めあり、学芸員資格を持っている例が募集対象でも、正社員登用が果てしなく少ないなど、安く抑えさせられている。芸術文化職の求人サイトは、そういう求人をボランティア求人と混ぜていたりする。

音楽、ダンサーの場合の事を全く知らないけども、音楽やダンスの方がシャバで話しが通じやすくイメージされやすい、鍛える内容の面で取っ掛かりもある感じがするし、個人的な自分の周りを見ても美術以外のほうが社会適応速いという漠然とした印象?もある…

 

話はトークに戻って、全員「日本の教育は一つの分野の一つのことを極めさせようとしすぎる特徴もあるが、その人の能力が生きること複数に取り組むというのは兼業、キャリア構築という意味で非常に大事」という意見一致。太田祐貴選手は日本のフェンシング人口を3万人に増やしたい、ぜひ観戦をとプロモート。
さらにはロンドン五輪リオ五輪の際のバリアフリー状況について二人の意見「東京ではハード(設備や決まり)に頼ったバリアフリーではなくソフト(人のマインドと行動)でのバリアフリー対応が必要」を引き出したのがなかなか良くて、その話によって自分の感受性、行動の道筋を色々と深められた。ベベ選手にとってこの来日は東京オリンピック前の最後のリラックスだったらしいので、今はトレーニングに戻ってるかな…

東京のアクセシビリティはいま大変に貧しい気がするけど、2020年には東京に居たら人力の力も貸してあげる必要がありそう。

「MORE ENJOY FENCING」
https://youtu.be/leOP7rWwBpw

ベベ・ヴィオ選手の情報

http://spotlight-media.jp/article/315773373417324691